スポンサードリンク
   


サーバーレンタル


月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
【旅日記の最新記事】
posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行に行く際の機内に持ち込める持ち物について


家族で海外旅行に行く時に気になることは、機内に持ち込める荷物が気になります。

家族で行くのであれば、当然荷物が増えます。

また、小さなお子様がいるときは、預け荷物にせず機内に持ち込まなくてはいけないものが多くなります。

その際に、機内に持ち込みが不可能な手荷物を紹介します。

@刃物 工具 とがったもの ゴルフクラブのように長いもの スプレー類
A上記以外でも、可燃性のあるものや預け入れ荷物でも持ち込み不可能なもの(ここでは書きません)

小さなお子様がいらっしゃるご家族には、どうしても機内に持ち込みたいものは、
液体薬・喘息のスプレー・コンタクトの保存液などの医薬品、赤ちゃんにあげるミルク・離乳食などがあると思います。
また、化粧品も持ち込みたいと思います。
液体物(ジェル・クリーム・エアゾールを含む)を機内へ持ち込む場合は、↓のようにして持ち込まなければいけません。
液体物は100ml以下の容器に
すべての容器を、ジッパー付き透明プラスチック袋に入れる
(たてよこ合計40p以下の袋・1人1袋のみ)
です。
しかし、子供用の
液体薬・喘息のスプレー・コンタクトの保存液などの医薬品、赤ちゃんにあげるミルク・離乳食などの幼児用食品は、袋に入れなくても持ち込めます(検査の際に説明が必要。診断書や処方箋があるとスムーズ)。

なので、特に心配なく小さな子様も飛行機に安心して乗っていただけます。
posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 持ち物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外格安航空チケットについて


海外に行くには、飛行機のチケットが必要ですね。

飛行機のチケットといっても、種類があります。

今回は、家族で旅行をすることを前提にしていますので、ビジネス使用するチケットや豪華な旅行をするようなチケットは紹介せず、予算を落としたものを紹介します。

また、ツアーも今回は紹介しません。

チケットを購入するための航空会社の比較です。

まずは、予約サイトで飛行機のチケットの価格や空席状況を確認します







上記のようなサイトから検索可能です。

ここで注意したいことが、LCC(格安航空チケット)が掲載されていません。

基本的に、上記のような予約サイトはLCC以外しかありません。
正規の運賃を格安で提供しています。

LCCでさらに格安でチケットをごっとする場合は、直接各航空会社のホームページからの予約となります。

ジェットスタージャパン
http://www.jetstar.com/jp/ja/home

ピーチ
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx

エアアジア
http://www.travel.co.jp/lcc/airasia/

各社サービスもいろいろありますのでじっくり検討してください。



posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 格安航空チケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行で必要な電圧知識


海外に行くときに持ち物の中で迷ってしまうのが、日本の電化製品を持って言っても使えるのか??

また、もっていっても変圧器が必要なのでは?と悩みます。

家族で海外旅行行くときは、普段使い慣れたドライヤーやシャーバーはコンセント必要で、今では携帯電話の充電やパソコンの充電機が必ず必要です。
携帯電話などはいまや、日本のものを持っていってもほとんどの国で使用できますので、皆さんもって行きますよね?
そのときの充電はどうするのか?
ノートパソコンも持っていけば、
ホテルでインターネットに接続し、
現地の情報をすぐに収集できてとても便利です。
でも、充電に必要なものが必要ですね?

じつは、海外旅行、変圧器はもういらない!?ということです。

どういうことかというと、
日本のコンセントの電圧は100V。世界の中では最も低いと言ってよく、多くの国は220V〜240V。だから、海外で日本の電化製品を使うには、コンセントの形を変える変換プラグと一緒に、電圧を下げる変圧器が必要になる。
家電量販店での調査、メーカーへの取材などから次のことがわかった。
○電動シェイバー……店頭のおよそ3分の2の製品が、変圧器不要の100〜240V対応
○携帯電話の充電器……100〜240V対応が増えている様子
○ノートパソコン……2社の製品を調べたところ、数年前の機種には100V専用のものが少なくないが、最近発売のものはほとんどが100〜240V対応
○デジカメ充電器……大手2社に聞いたところ、現在販売中のものはすべて100〜240V対応

といったように、日本のものをそのまま持って行けます。

もちろん持っていく前には、十分注意しながら、対応電圧をチェックしてください。
posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 持ち物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族で海外旅行にいく場合はキャリーケース選びが重要


海外旅行を家族全員で行く場合、荷物がとても多くなります。

3泊4日でグアムまでいく場合、
たとえば、大人2人 子供2人の場合は、少なくとも
旅行用のキャリーケースLサイズもしくはLLサイズ(70リットル〜90リットル)が2個は必要になります。

海外旅行にはキャリーケースは必需品になりますので、もっていない人は早めに購入しましょう。
キャリーケースをお店で購入した場合、
高価なブランドであれば、4〜7万円は当たり前です。
それ以上の金額もたくさんあります。

しかし、今ではインターネットで有名なブランドでなくても
頑丈で軽量なものはたくさん売られています。
わずか5キログラムの軽さで、1万円しないものも多数出ています。

大人のものだけではなく、子供二人分 合計4人分を海外旅行用のキャリーケースにしまい込まなくてはだめです。
ですので、できるだけ大きなものを用意しましょう。

小学生以下の子供には、さすがにケースを持ってもらうことは期待できません。
ですので、子供の荷物も大人用のケースに入れて大人が持つことを想定します。

LLサイズでなくてももっと小さなものでもよいと思いますが、海外では何が起きるか予測できません。

日本と違い、怪我をしたときや急な日用品を買うのでも、安心して使えるかわかりませんし、売っている保障がありません。
また、現地調達しても多すぎて、購入しても使い切れないという場合もあります。

緊急性の考えられるものを家族の人数分だけを持っていく、もしくは、子供の分だけを持っていくという方法がいいでしょう。

海外旅行ではそのような緊急性のある荷物が多くなり、着替えやカメラ等では大きな荷物になりませんが、いざという時!のための物で大きなキャリーケースが必要とされます。

帰りのお土産を入れることも考慮してやはり大きなキャリーケースが必要ですね。




posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 必需携行品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


リンク www.fxdefx.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。