スポンサードリンク
   


海外旅行に行く際の機内に持ち込める持ち物について


家族で海外旅行に行く時に気になることは、機内に持ち込める荷物が気になります。

家族で行くのであれば、当然荷物が増えます。

また、小さなお子様がいるときは、預け荷物にせず機内に持ち込まなくてはいけないものが多くなります。

その際に、機内に持ち込みが不可能な手荷物を紹介します。

@刃物 工具 とがったもの ゴルフクラブのように長いもの スプレー類
A上記以外でも、可燃性のあるものや預け入れ荷物でも持ち込み不可能なもの(ここでは書きません)

小さなお子様がいらっしゃるご家族には、どうしても機内に持ち込みたいものは、
液体薬・喘息のスプレー・コンタクトの保存液などの医薬品、赤ちゃんにあげるミルク・離乳食などがあると思います。
また、化粧品も持ち込みたいと思います。
液体物(ジェル・クリーム・エアゾールを含む)を機内へ持ち込む場合は、↓のようにして持ち込まなければいけません。
液体物は100ml以下の容器に
すべての容器を、ジッパー付き透明プラスチック袋に入れる
(たてよこ合計40p以下の袋・1人1袋のみ)
です。
しかし、子供用の
液体薬・喘息のスプレー・コンタクトの保存液などの医薬品、赤ちゃんにあげるミルク・離乳食などの幼児用食品は、袋に入れなくても持ち込めます(検査の際に説明が必要。診断書や処方箋があるとスムーズ)。

なので、特に心配なく小さな子様も飛行機に安心して乗っていただけます。
posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 持ち物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外旅行で必要な電圧知識


海外に行くときに持ち物の中で迷ってしまうのが、日本の電化製品を持って言っても使えるのか??

また、もっていっても変圧器が必要なのでは?と悩みます。

家族で海外旅行行くときは、普段使い慣れたドライヤーやシャーバーはコンセント必要で、今では携帯電話の充電やパソコンの充電機が必ず必要です。
携帯電話などはいまや、日本のものを持っていってもほとんどの国で使用できますので、皆さんもって行きますよね?
そのときの充電はどうするのか?
ノートパソコンも持っていけば、
ホテルでインターネットに接続し、
現地の情報をすぐに収集できてとても便利です。
でも、充電に必要なものが必要ですね?

じつは、海外旅行、変圧器はもういらない!?ということです。

どういうことかというと、
日本のコンセントの電圧は100V。世界の中では最も低いと言ってよく、多くの国は220V〜240V。だから、海外で日本の電化製品を使うには、コンセントの形を変える変換プラグと一緒に、電圧を下げる変圧器が必要になる。
家電量販店での調査、メーカーへの取材などから次のことがわかった。
○電動シェイバー……店頭のおよそ3分の2の製品が、変圧器不要の100〜240V対応
○携帯電話の充電器……100〜240V対応が増えている様子
○ノートパソコン……2社の製品を調べたところ、数年前の機種には100V専用のものが少なくないが、最近発売のものはほとんどが100〜240V対応
○デジカメ充電器……大手2社に聞いたところ、現在販売中のものはすべて100〜240V対応

といったように、日本のものをそのまま持って行けます。

もちろん持っていく前には、十分注意しながら、対応電圧をチェックしてください。
posted by 家族でお手軽格安海外旅行 at | 持ち物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


リンク www.fxdefx.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。